電子カルテは情報を共有するシステム

今までの医療でのカルテは主に手書きが主流でした。手書きのカルテでは読み辛い字があったりと不便もありました。しかし、ITの普及により近年では電子化されるようになり電子カルテを導入する医療機関が増えています。さて、ここではカルテを電子化した際の利便性について触れてみます。例えば、レントゲンやMRIなどの検査画像などは従来カルテに添付するものでしたが、電子カルテに含むことが可能になりました。画像に記述を加えることも可能になります。それにより患者の情報が一括で確認できるようになりました。また、紙ベースだと紛失や収納場所の確保などといったリスクも軽減されます。なおかつ、医療機関内の各部門での電子カルテを共通することにより人為的ミスを減らし診療精度のUPにも繋がります。

カルテを電子化することでの職務の効率性を考える

カルテを電子化することで職務ではいったいどのような効率性が生まれるのでしょう。まずは読み辛かった手書きのカルテが電子化により文字が統一化されることによって読みやすく、患者の状態や治療、処置、投薬などが一目でわかるようになりました。受付から会計、次回の予約も早くでき、同一日に別の科の受診も分かりやすく時間の確認も的確に出来る為、ミスも減ります。なによりも待ち時間が短縮できるようになることが、患者にとってうれしい事なのです。また、採血やレントゲンなどの検査結果や処方箋も1つのデータから取り出せることで、より的確にスピーディーになります。この様なことから患者にとって待ち時間という煩わしさやカルテの一本化により、スピーディーになりより多くの患者の治療にあたることが出来るのです。

情報を共有できるシステムは電子カルテ

医療機関では個人情報が溢れています。手書きのカルテを事務職員や看護師が院内を持ち歩いたりしているのを目にします。一昔前は、特に何も感じませんでしたが、これだけ情報が流出している昨今では不安に感じる方もいるのではないでしょうか。現在では電子カルテというシステムで患者の情報を院内で共有することが出来るようになりました。それによりカルテを科から科へ持ち運ぶこともなく、万が一他人に見られるというような事がなくなりました。よって患者一人ひとりのデータが一本化され、検査や投薬の簡素化など人為的ミスを防ぐことに繋がります。また患者の状態も素早く確認することができます。現段階では、移転や紹介状などといった場合に他の医療機関にカルテを送信する事は出来ませんが、院内で共有できる電子カルテは患者にも安心感を持った頂くシステムなのではないでしょうか。