診療経過として電子カルテが用いられる

近年、カルテを電子化する診療所や病院が急激に増加しています。特に、新しく開業されるような医院でしたらほとんどが電子化されたカルテを導入しようとお考えでしょう。このシステムは、従来、経過を記入することで大事な情報として院内に紙で保管されていたものが、電子情報で入力されデータベースに保存されることになります。具体的には、パソコンやタブレットで入力するということです。このシステムはデータの保存先によって幾つかのタイプに分けられます。大まかに言いますと電子カルテのデータが院内のサーバに保存されていて、利用する端末からサーバにアクセスして必要な情報を閲覧・入力する方法、そしてもう一つがクラウド型です。こちらはデータを保管する場所が外部のサービス業者が提供するサーバ上になります。

クラウド型でカルテを電子化するとどうなるのでしょう

電子化のカルテとして現在増えているのは、クラウド型サービスの利用です。データを院内のサーバで保存する場合、サーバのセキュリティ問題やバックアップ作業、サーバ自体のトラブル対応など、問題が発生する場合があります。その問題を解決してくれるのが、クラウド型サービスの利用です。患者さんのデータは全てインターネット回線を経由してアクセスするサービスセンターのサーバの中にあり、必要な時にどこからでも、手元の端末からアクセスして利用できます。専門に扱っているプロがサーバのメンテナスを行ないますから、セキュリティやバックアップの問題に頭を悩ませる必要はありません。また、パソコンやタブレットなどの端末さえあれば利用を開始できますので特別な機器やサーバの増設などの必要がなく、初期費用が抑えられます。

患者さんにもメリットが多いカルテの電子化

このように、カルテを利用する院内の方に多くのメリットが生まれる電子化されたカルテですが、もちろん医院を利用する患者さんにも大きなメリットがあります。例えば、大量の紙カルテから該当のものを探す時間、スタッフ間でやり取りする時間が無くなり待ち時間を少なくすることに繋がります。また、画像データが添付しやすく検査結果などの確認が容易になること、そして同時に同じデータにアクセスできることから、部門間での情報共有がし易くなります。確実な対応をする為に大いに活用でき、患者さんも安心です。このように、カルテを電子化すると業務効率のアップ、カルテの保管場所が不要になるので職場環境の改善、情報の共有を容易にできるなど多くのメリットがあります。また、サービスには様々なオプションが用意されているものもあり、各利用者に最適なメニューを揃えることが可能ですから、一度検討してみてみるのもよいでしょう。