情報共有を電子カルテは容易に行うことができる

カルテは従来、医師、歯科医師が診療の情報を紙に書いて保存して、情報を共有していました。紙のカルテから電子的なシステムへ換えたのが電子カルテです。紙のカルテでは難しい情報共有が簡単に出来ることが大きな特徴の一つです。これにより、医師、看護師の間での情報共有が紙カルテではカルテがまわってくるまでに時間がかかっていましたが、データ化することにより、患者情報をスピーディーに知る事が出来ます。検査のデータや薬の処方等も一緒にデータ化する事が出来ますので、確認しやすく、情報共有することで、患者様の安全にもつながります。情報の保護も閲覧の制限をする事により可能ですので、情報を守る事が出来ます。カルテを電子化する事により、様々なメリットがあり、業務の効率も図る事が出来ます。

カルテを電子化した場合の利便性と安全

電子化したカルテを利用する場合、大きな導入メリットがあります。医師が今まで手書きしていたカルテは、それぞれの医師の文字に特徴があった場合は読みづらく、それを看護師や他の医師が見たときに分かりにくい、患者情報を共有しづらいというデメリットがありました。その点、電子化したカルテですと入力文字を誰でも読むことができ、看護師が医師の診察内容等をタイムリーに共有する事ができます。そうする事で患者さんの情報をしっかりと共有でき、安全にもつながります。検査内容のデータや画像も一緒に取り込みができ、保存する事が出来るので、紹介状に一緒にデータをつけることや、他科の医師との情報共有もスムーズに行うことができます。やはり情報をタイムリーに更新できるという点が電子カルテの大きな利点と言えます。

カルテを電子化する事により職務の効率をアップする

カルテを電子化にする事で、医師、看護師の職務を確実に効率よく行う事が出来ます。従来の紙カルテでは、カルテがまわってくるまでに確認や処理が出来ず時間がかかっていましたが、電子カルテを導入する事によってタイムリーに確認、処理ができ、患者情報もすぐに入ってくるため、看護師や事務員は医師の指示を早く、的確に知る事ができるようになります。診療後の集計作業や管理日誌の作成といった日常業務も、カルテをデータ化することにより効率よく行う事が出来ます。会計やレセプトもカルテのデータ化により、作成やチェックをスムーズに行う事が出来ますし、さらに予約から受付等できるシステムを導入すれば、医療機関と患者さんの両方がスムーズにつながる事ができ、待ち時間等の短縮にもなります。カルテの電子化は、患者さんと医療機関双方のメリットに繋がっていきます。