カステラの素晴らしい魅力

カステラは筆者も大好きなお菓子のひとつです。あのとても甘いふんわりとした黄色と茶色のお菓子は、小さい頃から、筆者の心をわしづかみにして離さない、素晴らしい魅力があるのです。その起源をたどってみると、カステラは16世紀頃、スペインやポルトガルから渡来したという言い伝えは、よく知られているのですが、実際にスペインやポルトガルに、現在日本にあるようなふんわりとしたカステラがあるかといえば、ないようです。しかし、日本で作られるようになった素敵なお菓子は、ひょっとしたら秀吉も食べていたかもしれないと言われているほど、日本では愛好されるお菓子となったようです。このお菓子は、本当に長崎の発明した一級品のお菓子であり、どこから来たか諸説あるとはいえ、日本原産のお菓子として、もっと世界にアピールしてもいいように思います。

カステラはザラメのついたものがおいしい

カステラは美味しいと思うものは、九州のほうのものですが、最近主人の実家で出せれるものが美味しいなと思います。主人の実家は大阪なんですが、そこで出してもらうものには、裏にザラメがついているタイプです。食べたときにちょっと砂利っというのがあって、それがいい感じの歯ごたえで甘さを強調してくるのがいいですね。より一層深みのある味になっています。普通のものは物足りなく感じるんですね。これが美味しいと思ってしまいます。美味しいものは、その色もすごくきれいです。深みのある黄色の生地がよりいい卵を使っているんだろうなとは思います。価格的にはほかの洋菓子に比べてやすいとは思います。これをお土産とか贈答品に送ると、ある一定の年代の人にはすごく喜ばれる品物の一つだと思います。黄色い卵の色が幸せな気持ちにさせてくれます。

カステラの歴史や種類について

カステラは、自分の好物の一つです。日本におけるカステラの歴史は古く、戦国時代末期に、ポルトガルから長崎や平戸を経由して入ってきたと言われていますが、日本独自のお菓子と言ってもいいようです。紅茶やコーヒーはもちろんお茶にもすごくあいます。基本的に、卵と小麦粉と砂糖から作られるので、ごまかしはききません。現在は、水飴が用いられていますので、しっとりした食感が楽しめます。また、チーズ味、抹茶味、チョコレート味、黒糖味など、いろいろな味のものが製造されていますが、個人的には、普通の味のものが好みです。また、薄い紙をつけて焼き上げるときに蜜が下の方に集まって糖化した部分が非常においしいと思います。全国各地で作られ、特に東京などでもカステラの文化が初田牛邸ますが、やはり本場の長崎が一番ではないかと思います。

Copyright © 2015. Powered by WordPress & Romangie Theme.