カルテを電子情報として一元管理する

膨大な情報量と厳重に守る必要がある個人情報の固まりともいえる電子カルテですが、安全に使いこなすことができれば非常に利便性が高いものです。紙のカルテは電源が無くても動くことや、片手で記載できるメリットがあります。しかし大きな病院になれば診療科も多くなり複数にかかっている患者さんに対して一度に複数のカルテをバラバラで見る必要がでてきます。また診療所などにおいても数年前にきた患者さんのカルテは廃棄してしまう事もありますし、診察カードを無くしてしまった相手のカルテを探し出すことは、骨が折れます。薬の情報ひとつでも毎年同じ薬であるのか、薬をいつ渡したのかを薬データだけを抽出する必要があります。これらを電子データにすることで一元管理し、見たい情報をすぐに検出することができるようになります。

カルテを電子化するメリットは何か

カルテを電子化することのデメリットは外部からのハッキングに備える事と、使い勝手を厳選すること、初期費用が高額になることがありますが、なにより停電もしくは機械の故障が起こると使えなくなるという点です。紙のカルテは場所もとりますし、一部紛失の可能性もあります。特定のカルテを探すだけでも一苦労という病院もありますし、大きな病院になればカルテを送りあう必要もでてきます。どちらにもデメリットはありますが、一番大事な点は患者さんのためになるのかという点です。これから在宅医療の必要性も高くなると言われていますし、いろいろな点が整備されていけば病院間の情報共有も地域によっては進むと言われています。そんな時は紙のカルテを受け取って持ち歩き、情報共有するには不便さがありますが、電子データであれば、末を一台持ってネットワークに繋ぐことで情報を見ることもできるようになります。

電子カルテは未来の医療に貢献する

電子情報は書き換えられやすいのではないのか、記入時にこちらを見ていないなど、患者さんが不安に思う点もあるかもしれませんが、紙のカルテに関しても、カルテの修正の可能性は消えませんし、記入の際はカルテに視線が動きます。これは小さな不安です。電子でも紙でも同じ問題でしかありませんし、気持ちと信用の問題です。電子カルテであろうと紙のカルテであろうと、患者さんの容態は変わりませんが、患者さんにとってのメリットは、データの蓄積とグラフ化、視覚化によって自分の変化を数値としてみることができるという点です。健康診断の検査結果なども電子カルテで共有することができれば毎年の数値の変化もわかります。多くの患者さんのデータをまとめて、地域の病気の傾向をみることもできます。安全に使うことができれば、これからの医療に必ず活躍していきます。